しかけ絵本

単純だけど面白いしかけがある絵本『はらぺこあおむし』

さてクイズです。
世界一有名な昆虫はなんでしょう?

ちょうちょ?
かぶとむし?
かまきり?

答えは・・・・・

はらぺこ あおむし

絵本の主人公になった あおむし ほど 有名な虫 は、ないんじゃないでしょうか?

今回紹介する『はらぺこあおむし』はとってもカラフルで、鮮やかな色が印象的です。

鮮やかで美しいだけじゃなく、いろんなしかけがあるので、いちど読むと忘れられない絵本です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

はらぺこあおむし あらすじ

小さなあおむしは、もりもりと食べつづけて美しい蝶になった。

数や曜日の認識をおりこみ、穴あきのしかけをこらした斬新な絵本。
(引用:偕成社ホームページ)

 

おひさまが昇ってあたたかい日曜日の朝、ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれました。

うまれたばかりのあおむしは、おなかがぺっこぺこ。

そこであおむしは、食べるものを探し始めました・・・

はらぺこあおむしは、なに食べたのでしょう?

このあと、あおむしが食べた物がたくさん登場します。

よっぽどおなかがすいていたのか、果物を食べていたと思ったら突然、サラミチョコレートケーキを食べ始めてしまうのです。

ピクルスサラミなどの食べ物がでてくるので、このあおむしは外国でうまれたことがわかります。

でもこのあおむし、めちゃくちゃチャレンジャーだと思いません?

みたこともない食べものを手あたりしだい、むしゃくしゃ食べちゃうんですから・・・。みなれない食べものは、勇気がないと食べられないですよね。

どんどん食べるあおむしは、たくましいなと思ってしまいました。

とにかくカラフルで色鮮やかに描かれている絵本なのて、ながめているだけで楽しくなります。

赤ちゃんから大人まで、幅広い世代に好まれるはずですよね。

いろんなしかけがあって遊べる絵本

さらに、ページの大きさがバラバラだったり、穴があいていたりと、とにかくしかけが楽しいです。

ページに穴が開いていると、ついつい触ってみたくなるものです。さっきも穴の上に指を置いて、反対からのぞいていました。

そして、気づいたのです・・・

幼稚園児のときにもまったく同じことをしていた と…。

成長していないことがわかりショックでした・・・・。

でも、この絵本を手にすると、ぜったいあなたも同じことをすると思います。

いくつになっても、遊びかたは変わらないはずですから・・・(こどもなのは、わたしだけじゃないと思いたいだけかも・・)

『はらぺこあおむし』は通常版以外に、厚紙のボードブック版やサイズの小さなミニ版などいろいろなサイズ、ぬりえやCDも出版されています。

色鮮やかでカラフルな、夢の世界にどっぷり浸れる『はらぺこあおむし』は、みているだけで笑顔になれるすてきな絵本だと思います。

やすみ
やすみ
はらぺこだ~
たくたく なんかおごって!
たくたく
たくたく
はい、葉っぱ
やすみ
やすみ
ありがと ムシャムシャ・・
ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
わたしは あおむし か!
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。