絵本

おいしいキャベツを食べたいけれど・・『キャベツくん』

キャベツくん

ブキャ!

わたし、ビックリしたときによく使うフレーズです。

なんでかな? どこで覚えたんだろう・・

思いだしました! 長新太さんの絵本『キャベツくん』の中で、ブタヤマさんがビックリした時に言っていたことばなんです。

主人公のキャベツくんとブタヤマさんは、お友達のようなのですが・・・・。よほどおなかがすいていたのか、ブタヤマさんがキャベツくんに向かって、

おまえをたべる」と言いました。

ブタヤマさん、キャベツくんは、友達でしょ!?

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

キャベツくん あらすじ

ライオンがキャベツを食べるとどうなるのかな?

じゃあクジラが食べると?

キャベツくんとブタヤマさんの楽しい会話のおもしろさ。

第4回日本の絵本賞「絵本にっぽん大賞」受賞! (文引用:文研出版ホームページ)

 

ブタヤマさんは、キャベツくんを見つけると「おまえをたべる!」というのですが、キャベツくんは、「ぼくをたべるとキャベツになるよ!」といって、食べられないように説得します。

そのとき、キャベツになったブタヤマさんの姿が空に浮かび、驚いたブタヤマさんは

ブキャ!

ブタヤマさんはいろんな動物が、キャベツを食べたらどうなるか尋ねると・・・・。

いじめっ子を許せますか?

長新太さんが描く絵本は、愉快(ゆかい)で楽しいのですが、笑いの中に大切なメッセージが隠されています。

ブタヤマさんがキャベツくんに「おまえをたべる」と言ったのは、いじめをイメージしているのです。

でも、キャベツくんは泣かずに逃げずに、「ぼくを食べたらこうなるよ」を言って、ブタヤマさんを説得します。「人をいじめちゃいけないよ」というメッセージを愉快に教えてくれているんです。

そして最後にキャベツくんは、いじめっ子のブタヤマさんといっしょに、レストランに向かいます。キャベツくんは、「おまえをたべる」と言ったブタヤマさんを 許したんですね

ブタヤマさんの「ブキャ!」が、リズムがよくて楽しい絵本なのですが、本物の友情とはなに?っていう大切なことを教えてくれる絵本です。

あなたは、

ともだちをいじめていませんか?

いじめっ子を許すことができますか?

最後にふたりは、仲良くレストランに行きます。きっと、楽しい食事会だったことでしょうね。

やすみ
やすみ
キャベツくん好きになった?
たくたく
たくたく
だ~い好き!おいしいもんね!
やすみ
やすみ
キャベツになっちゃえ(呪)
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。