絵本

怒られてばかり・・七夕の短冊に書いたお願いは『おこだでませんように』

おこだでませんように

わたしは悪い子なの?

いつも怒られてばかりだと、悲しくて、落ち込んでしまいますよね。

『おこだでませんように』は、いつも怒られてばっかりの男の子が、覚えたばかりのひらがなで、短冊に書いたお願いのことばです。

みんなの笑顔が見たいだけなのに・・、おこだでませんように(怒られませんように)・・・。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

おこだでませんように あらすじ

「ぼくは、いつでもおこられる。家でも学校でも…。休み時間に、友だちがなかまはずれにするからなぐったら、先生にしかられた」いつも誤解されて損ばかりしている少年が、七夕さまの短冊に書いた願いごとは…?
文引用:小学館ホームページ

 

 

なんで怒られるのかわからない・・

小学校1年生になった主人公は、お母さんや先生に褒めてもらいたくて、精いっぱい頑張っているんです。なのに毎日怒られます

  • 妹と遊んでいると、妹が泣いてしまって、怒られて。
  • 仲間外れにされて、乱暴しては、怒られて。
  • 元気よく歌っていると、声が大きいと、怒られて。

自分なりに、精いっぱい頑張ってるのに・・・・

反論すると、もっと怒られるのがわかっているので、そっぽを向いて涙を流す「ぼく」。

なんで怒るの? ぼくは、悪い子なの?

関西によくいるお調子ものの男の子

なんど怒っても、言うことをきかない、同じことを繰り返す子どもがいます。同じことを繰り返すのは、悪いことをしたと思っていないからです。

関西ではお調子ものといいますが、本人たちは「お母さんの笑顔がみたい」だとか、「クラスを盛り上げよう」とか、本人なりの理由があります

お調子ものは、いつしか大人たちから「またあいつか!しゃあない奴やな」と色メガネでみられ始め、なにをやっても怒られるようになってしまいます。

わたしが子どものころ、お調子ものの友だちがいましたが、おもしろくて頼りがいのあるナイスガイでしたけどねぇ

怒られてばかりだとリンゴもくさる

半分に切ったリンゴに1ヶ月、優しい言葉と罵声を浴びせさせる実験をした結果の写真がTwitterにアップされていました。


罵声を浴び続けられたリンゴは真っ黒になっていて、元が同じリンゴとは思えません。これが人間だったなら・・・子どもだとしたら・・・・

ぞっとしますよね。

いくらタフな男の子でも、理不尽に怒られると耐えれません。

怒らずに理由を聞いてあげましょう

こどもでも、おとなでも、怒られるといい気分ではいられません。

本人も悪気があって、怒られるような行動をとっているわけではありません。

悩んで、悩んで・・、誰にも言えず・・。

七夕の日に、つたないことばで、精一杯の願いを短冊に書いた男の子。どんなにつらかったことでしょう・・・。

悪いことをしたら怒るのは当然ですが、やった本人は悪いと気付いていないかもしれません。だから、しっかり話を聞き理解したうえで、間違っていることは正してあげることが大切なのです。

あなたがもし、仕事で上司に、家でお母さんに、怒られてばかりだとしたら、

あなたの心、耐えれますか?

たくたく
たくたく
こらー!
なにしてんだ!
やすみ
やすみ
え・え・(´;ω;`)ウッ…
笑ってもらいたくて、
ブーブークッション仕込んだだけなのに・・
たくたく
たくたく
ごめん・・泣かないで・・
わたしが悪かった・・ん?
ABOUT ME
たくたく
たくたく
ほっこりっち編集長です。 大阪泉州地区出身の50代。 IT関係の仕事をしていたが、絵本専門の出版社に転職したことから絵本と文章の魅力に目覚める。 3年勤めた出版社を退職後は個人ブログを運営し、外部メディアさんに寄稿する機会も増えてきました。