雑貨

職場で会話が続かないなら試してほしいユニークな紙コップ

会話

あなたは「職場で会話が続かない・・」って思ったことがありますか?

仕事をスムーズに進めるためにも、雑談をはじめとしたコミュニケーションは大切ですね。とくに同期と仲良くなっておくと、仕事で困ったときに助けてくれるかもしれません。

とはいえ職場での会話って、何を話せばいいかわからない・・

学生時代とは違い、共通の話題が見つかりにくくなりました。

そこで社会人になりたてのわたしでも、会話のきっかけに使えた、ユニークな紙コップを紹介します。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

職場にいるのが苦痛にならないために

同期とは、なるべく仲良くなっておくといいと思います。

仕事の愚痴や相談ができるのは、同じ会社にいる人が一番しやすいです。別の会社で働いている友人に、仕事の細かい内容を話すわけにはいかないので、愚痴や相談をしてもあんまりスッキリしませんよ。

仕事の愚痴や相談ができるのは、同期がいないわたしにとって、とてもうらやましいです。

ところで「どんな会話なら職場でもOKなの?」って、思いませんか?

最近は仕事とプライベートはきっちりわけたいという人が多いので、適度なキョリを保つほうがよさそうです。とはいえ気がついたら、職場の会話に入れなくなっていた、なんてことは避けたいですよね。

周りは 楽しそうに雑談 しているのに自分はできないと、職場にいるのが苦痛に感じることだってあるのです。

話しかけてもらえるようにする

自分から話しかけるのは、勇気がいりますよね。

まずはカンタンなメッセージを書いたメモを、届けてみてはいかかでしょうか?

相手から話しかけてもらえれば、会話のハードルはぐっと下がりますよね。

感謝の気持ちなどをメモに書いて、そっとデスクに置いておけば、相手の仕事の邪魔にもなりません。

ユニークな紙コップをメモ代わりに使えば、「なにこれ?おもしろいね」って話しかけてもらえるかもしれませんよ。

「おもしろいね」って言ってもらえる紙コップの使い方

紹介するユニークな紙コップは、生活雑貨ショップ off&on(オフノオン) で買った Paper Cup Comic (税込み105円)です。

Paper Cup Comic(ペーパー・カップ・コミック)はその名前の通り、紙コップにマンガのような絵柄をデザインたものです。マンガの吹き出し部分が空白になっているので、自由にコメントが書けるのですね。

それではオススメの特徴を、3つ紹介します。

1.紙コップにメッセージが書ける

紙コップには吹き出しが、2か所あります。吹き出しに「相談にのってくれてありがとう!」や「プレゼン、がんばってね」と、ちょっとしたメッセージを書いてみてはどうですか?

使用例

紙コップをフセンやメモの代わりに使えるなんて、ユニークじゃないですか?

フセンののりが残って、はがしたところがベタつくこともありません。

2.お菓子を渡すときに便利

職場でのおやつ交換をされている女性って、多いのではないでしょうか?

わたしが学生時代、実習に行った職場は3時のおやつタイムがありました。

手伝ってもらったら、一口サイズのチョコなど、お菓子を渡してみるのもいいかもしれません

使用例

紙コップの吹き出しにメッセージを書いて、中にお菓子を入れて渡せば、ただデスクの上にお菓子を置くよりずっとよくないですか?

紙コップはおしゃれなデザインなので、デスクの上にあっても大丈夫だと思います。

「この紙コップ、おもしろいね」で会話が続く

話が続かないのなら、自分で話題を作ってしまえばいいのです。

メッセージが書けるフセンみたいな紙コップなら、ユニークできっと話題になります。

紙コップにどんなメッセージを書けばいいのか悩んだら、感謝のメッセージを書いてみてください。「ありがとう」と言われて嫌な気分になる人は、いないのではないでしょうか?

「なにこの紙コップ?おもしろいねー」って話しかけてもらえたら、大成功です

アメコミのような吹き出しが描かれた「PaperCupComic」はネットで買えるみたいだよ!

Comic Superhero - Paper Cups

Comic Superhero – Paper Cups

402円(08/14 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
あ、紙コップが置いてある!
試してみたよ
えっと、「お菓子ちょうだい」って書いてある・・
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。