絵本

すてきな家が咲く花の種?『そらいろのたね』

咲いた♪咲いた♪
とくれば、「チューリップの花が~♪」って歌いたくなりませんか?

ですが、『そらいろのたね』ではチューリップは咲きません。
そもそも、花は咲きません

家 が咲く種なんです!

今回は、ふしぎなたねが出てくる絵本『そらいろのたね』をご紹介します。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

そらいろのたね あらすじ

ゆうじが模型飛行機を飛ばしていると、きつねがやってきて「そらいろのたね」と模型飛行機を交換することになりました。

そらいろのたねを植えて水をやると、なんと空色の家が生えてきたではありませんか! 空色の家はみるみるうちに大きくなり、たくさんの動物や鳥や子どもたちの楽しい遊び場になります。

しかし再びやってきたきつねが、みんなを追い出して空色の家を独り占めしてしまいます。きつねが家にはいると、空色の家はさらに大きくなって……。
文引用:福音館書店ホームページ

 ジブリアニメにもなった不思議なおはなし

『そらいろのたね』は『ぐりとぐら』の、中川李枝子さん大村百合子さんの作品です。

この絵本は『となりのトトロ』で有名なスタジオジブリが、日本テレビ開局40周年(1992年)を記念してTVスポットを制作したことでも有名です。(スタジオジブリの年表

とても不思議な作品で、読んでみてビックリしました。

うちがさいた!うちがさいた!

まさか、うち(家)がさく とは・・・・。

ゆうじくんの

「うちがさいた!うちがさいた!」

というセリフに、「えぇ?ありえない」と思わず笑ってしまいました

最初は小さかった空色の家は、このあと少しずつ大きくなっていきます。

ゆうじくんは空色の家を、たくさんの動物たちの遊び場にして、みんなで楽しく遊んでいたのですが・・。

分け合うことの大切さを教えてくれる絵本

ある日のこと、きつねがみんなを追い出して、ひとり占めしてしまったのです。まるで、ほかの人が持っているものを欲しがる だだっ子 ですよね。

それに対する空色の家の反応は、はっきりとしています。

空の家の反応を見ていると、誰かと分け合うことの大切さ を思い出させてくれます。

わたしが小学生のころ、父の仕事で引っ越しをすることになりました。お別れの日、友人たちはわたしに、自分の宝物をひとつずつプレゼントしてくれました。

キイチゴ・文房具・マリモなど、本当にさまざまで、今でもハッキリ覚えています。

相手の顔がみえるプレゼントは、本当に忘れられません。

『そらいろのたね』は、分け合うことの大切さ を思い出させてくれる絵本でした。

どうだった?
家が建つ種っていくらなのかなぁ?ローン組めるのかな?
(心の声)
夢ないな、このおじさんは!
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。