絵本

ルームシェアを始める前に知っておきたい『そらまめくんのベッド』

そらまめくんのベッド

あなたはルームシェアをしてみたいですか?

ルームシェア専用の家も増え、ルームシェアが身近になりました。

ですが友達同士でルームシェアをしてみたけど、ケンカが絶えないって話は多いのですよ。家でケンカばかりしていると、疲れてしまいますよね。

そこで楽しくルームシェアをするために知っておいてほしいのが、『そらまめくんのベッド』なのです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

そらまめくんのベッド あらすじ

そらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。だからだれにも貸してあげません。ある日、そのだいじなベッドが突然無くなってしまったからさあ大変! そらまめくんは必死でベッドをさがしますが、どこにもありません。ところが、やっと見つけたベッドには、うずらがたまごを生んで温めていたのです。さて、そらまめくんは……。子どもたちに大人気の愉快なそらまめくんが大活躍する絵本です。
(文引用:福音館書店ホームページ)

なぜ、トラブルになるのか?

どちらかというと男性よりも、女性にトラブルが起こりがちのようです。

なぜルームシェアをすれば、ケンカになってしまうのでしょうか?

住んでみてはじめてわかること

原因は、暮らし方 にあるようです。

料理のやり方や家での過ごし方って、ひとそれぞれなので、違いに耐えられない方が多いようです。

たとえば、

  • 電気をつけっぱなしにする
  • ネットショッピングの宅配便が週に何度も来る
  • 家に帰ったら友達の彼氏がいた

などなど・・

ずっとそれで生活してきた人に「やめて」って言っても、カンタンには直らないですよね。気にしなければいいのですが、どうしても受け入れられないこともあります。

普段、友達の家での過ごし方は見ないので、いっしょに住んでみてはじめてわかることなのです。

シェアするってどういうこと?そらまめくんが教えてくれる

とはいえ、それではルームシェアができなくなってしまいますね。

ルームシェアをするうえで大切なのは、相手の大切なものを尊重できるか だと思うのです。

『そらまめくんのベッド』では大切なものを貸すことで、今までよりも成長するそらまめくんが登場します。

そらまめくんは自分のベッドのことばかり優先するので、とうとう友達とケンカをしてしまいます。けれども行方不明になったベッドを探しているうちに、そらまめくんは、自分の大切なものばかり優先していたことに気づきました。

みんなでシェアするってどういうことか、そらまめくんの成長から感じることができます。

ルームシェアが楽しくなるコツ

いくら仲良しの友達であっても、自分と価値観が同じとは限りません。

あらかじめルールを決めるなどして、ルームシェアを始める前にしっかり話し合うと、ケンカになりにくいです。

結婚してしまったら、友達とはルームシェアができなくなってしまいます。つまり始めるなら、今のうちなのです。

あのころ楽しかったね、と思い出話ができるようなルームシェアをしたいですね

今日は大荷物だね。どこか行くの?
3日間、友人の家にルームシェアしに行くんです。
それはお泊り会でしょ。
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。