絵本

いつでもできる一人旅『旅の絵本Ⅱ』

旅の絵本Ⅱ

お休みの日は何をして過ごしますか?

ショッピングに出かけるのもいいですし、どこかへ旅行にいきたいかも・・。でも、家でゆっくりするのもいいですよね。

時間を気にせず、のんびり過ごすのも大切です。

旅の絵本Ⅱ』は、ゆっくりくつろぎながら旅行気分を味わえる 最高の絵本です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

旅の絵本Ⅱ(改訂版) 内容

世界中の読者を魅了し続けている安野光雅の「旅の絵本」シリーズ。その第2巻目<イタリア編>は1978年に初版が出版されました。

ところが、それ以降の同シリーズとは印刷・製版方法が違っていたため、色の鮮やさにやや欠けるところがありました。
そこで、今回、全画面を着色しなおし、さらに、巻末に作者自身による解説を新たに加えました。より美しくて、より楽しい「改訂版」として生まれ変わりました。
(文引用:福音館書店ホームページ)

『旅の絵本Ⅱ』の舞台は、まだ馬が移動手段だったころのイタリアです。それではゆっくりくつろぎながら、イタリアへ旅立ちましょう。

文字が ひともつない 絵本

この絵本には、文字がひとつもありません

ページいっぱいに、草原やイタリアの街並みが描かれています。

時代は現代ではなく、馬で移動していたころの時代。絵に描かれた市場の様子から、人々の暮らしぶりが想像できます。

水彩画のような落ち着いた雰囲気の絵が、のどかな風景をよりいっそうひきたてます。

写真や映像で見る風景より、絵画のほうが心に残るのはなぜでしょう?

最後のページだけ・・違います

わたしが印象に残ったのは、最後のページです。

この絵本は、全体的に人や動物が多く描かれているのですが、最後のページだけが違います

一面に広がる海に、馬1頭と人ひとりが描かれているだけです。寂しく感じられる風景は、今までのページとはひと味違います。

海がはてしなく、はてしなく広がっているのです。

あわただしい日常を忘れて、ゆったり椅子に座って『旅の絵本Ⅱ』を開いてみましょう。

穏やかな時間を過ごせば、きっとあした、いいことがあるはずです。

やすみ
やすみ
休みの日には何をしてます?
たくたく
たくたく
散歩してます。健康で長生きしたいし・・
やすみ
やすみ
そうですね、運動も大事ですよね!
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。