絵本

引っ越し先がこんなところだったらすてきだね『てぶくろ』

てぶくろ

新生活に合わせて、引っ越し をしたという方も多いのではないでしょうか?

わたしはまだしていないので、そろそろ引っ越しをしたいなぁと思っています。

とはいえ引っ越しって、一大イベント。できれば後悔しないように、慎重に選びたくありませんか?

今は自分がどんなところに住みたいか、考えておきたいです。

『てぶくろ』では森の動物たちが、思いもよらない引っ越し先を選んでいました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

てぶくろ あらすじ

おじいさんが森の中に手袋を片方落としてしまいます。雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、「わたしもいれて」「ぼくもいれて」と仲間入り。手袋はその度に少しずつ大きくなっていき、今にもはじけそう……。最後には大きなクマまでやって来ましたよ。手袋の中はもう満員! そこにおじいさんが手袋を探しにもどってきました。さあ、いったいどうなるのでしょうか?
(文引用:福音館書店ホームページ)

 

にぎやかな入居者たち

森の動物たちの引っ越し先は、おじいさんが落とした 手袋 でした。

入居者はネズミからクマと、多彩な顔ぶれなんです。

てぶくろの中はどんな暮らし?

手袋にどんどん入っていく動物たちを見ていると、ある光景を思い出しました。

それはこたつです。

寒いので、みんなこたつに入っていくのに、誰も出てくれないですよね。おかげでぎゅうぎゅうになりながら、こたつに入りました。

それでも、こたつから出たくないのです。こたつから出た瞬間は、一段と寒くなるので苦手でした。

誰がこたつから出るかでケンカしつつ、みかんをほおばるのが、わたしと友人の冬の遊びでした。とってもにぎやかでしたよ。

『てぶくろ』に登場する森の動物たちも、

「まだ入れる?」
「せっかく雪も降っているし、誰かちょっと外に出てみたら?」

なんていうようなやり取りをしたに違いありません。

てぶくろでの暮らしは、にぎやかですね。

住所はどこ?

てぶくろに住所をつけるなら、どこになるのでしょう?

ふと思って、あらためて『てぶくろ』を読んでみました。

『てぶくろ』って、ウクライナ民話だったんだ!

てぶくろに住みたければ、ウクライナ に行くといいかも。

引っ越してはじめて気づくこと

わたしの大学時代の友人は遠方から来ている人が多く、はじめての一人暮らしをしている人が多かったです。

大学1年生のとき、友人たちが言っていたのは
ホームシックってなるものだね・・
でした。

大学生って、一人暮らしに憧れるものじゃないの?
と思いましたか?

もちろん、一人暮らしがしたくて始めた友人もいましたが、私の周りは
実家暮らしなの?いいなぁ・・
と言う人のほうが多かったです。

友人の暮らしていた学生寮は、複数の大学の学生が暮らしていて、わたしたちの大学に通う学生は極端に少なかったのです。

おまけにセキュリティの関係で、寮の学生以外は立ち入り禁止だったので、友人を誘って家で遊ぶことができませんでした。

ゴールデンウイークに実家に帰省してきた友人の感想は
家に帰ると電気がついているって、いいものだねぇ
でした。

なんかそれ、新婚さんのセリフっぽいよ
周りで聞いていた友人にツッコまれてました。

引っ越すならどんなところがいい?

引っ越しは一大イベントなので、どこがいいのか悩んでしまいますね。

『てぶくろ』はわたしにとって、理想の住まいなのです。

てぶくろみたいに、にぎやかな引っ越し先なら楽しく暮らせますよ

てぶくろみたいなところに住みたい・・
ウクライナに行けばいいんじゃない?
なるほど!海外で暮らすのもいいですねー
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。