コラム

ウォーリーは30歳?初来日の「ウォーリーをさがせ!展」が横浜赤レンガ倉庫で開催している

横浜赤レンガ倉庫の写真

夏なのでどこかに遊びに行きたい!

あなたはそう思いませんか?

わたしは現在、「夏休みになったら行きたいところリスト」なるものを製作中です。

リストを見ながら「この仕事を頑張ればここに行けるんだ!」と、思いながら仕事をしています。

とくに今いちばん行きたいイベントが、横浜で行われている「ウォーリーをさがせ!展」なのです。

誕生30周年を記念して、日本初の原画展を現在、横浜赤レンガ倉庫で開催しています。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

ウォーリーが日本にやってきた

あなたも「ウォーリーをさがせ!」シリーズを、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

ウォーリーは、赤白のボーダーシャツを着ているお兄さんです。

子どものころ、わたしは病院の待合室で、夢中になってウォーリーを探しました。緻密な絵なので、けっこう探すのが難しいのですよね。

日本初 の「ウォーリーをさがせ!展」は、いったいどんな展示なのでしょうか?

ウォーリー誕生のヒミツがわかる?

「ウォーリーをさがせ!」の初期設定資料や、作家マーティン・ハンドフォードさんが子どものころに描いた作品など、約150点が日本初公開されます。

ウォーリーの設定資料も公開されます。ウォーリーってよく見るけど、ウォーリー自身についてはわからないことが多い気がしませんか?

設定資料から、いったいどんなウォーリーのヒミツがわかるのか楽しみです。

しかも、日本での展覧会のために描かれた限定アート が登場するのです。

過去に登場したキャラクターが大集合しているので、あなたが読んでいた作品に登場したキャラクターがどこにいるか探してみると楽しそうですね。

わたしはウォーリーが戦国時代に紛れ込んでいる原画が、とくに見に行きたいです。

「ウォーリーをさがせ!展」詳細

会期:

2018年7月31日(火)~2018年8月15日(水) 会期中は無休

会場:

横浜赤レンガ倉庫1号館

開場時間:

月~金 午前10時から午後5時まで

土~日 午前10時から午後7時まで

(入場は閉場の30分前まで)

チケット:

当日 一般1000円 高校生700円 中学生500円 小学生300円

ウォーリーをさがせ!展ホームページ

ウォーリー展に行くなら8月11日(祝・土)がオススメ

「これからウォーリー展に行こうかな」と思っている人は、オトクな情報がたくさんあるので、ぜひ公式ホームページやSNSをのぞいてみてください。

とくにオススメの日は、8月11日(祝・土) です!

8月11日に赤白ボーダーシャツを着ていくと、なんと入場料が 無料 になります。

入場料が無料になる日は、8月11日が最後なので、ねらってみてはどうでしょうか?

先着100名様までなので、早めに行くと安心ですね。

ウォーリーとおそろいの恰好にして、写真を撮るのもいいかもしれませんね。「ウォーリーをさがせ!」の一員になれそうです。

ウォーリーのコラボ作品も登場

NHKのEテレなどで活躍中の片桐仁さんをはじめ、日本を代表するアーティストが「ウォーリーをさがせ!」の世界をガイドとして案内してくれるパネルも、ウォーリー展に登場しています。

アーティストの中には「ウォーリーをさがせ!」誕生30周年に合わせて、ウォーリーとのコラボ作品 も発表しています。

すべてウォーリー展で販売されているので、公式グッズも忘れずに手に入れておきましょう。

数量限定なので、早めに確保しておきたいですね。

日本初のチャンスを見逃さないで

「ウォーリーをさがせ!展」は横浜での展示期間が終わると、大阪と名古屋にも巡回するので、関東近辺にお住まいでない方も原画展に行くことができます。

原画でウォーリーを探せるのは、今回の「ウォーリーをさがせ!展」だけです

大人になった今だからこそ気づく発見も、あるかもしれませんよ。

「ウォーリーをさがせ!展」詳細

会期:

2018年7月31日(火)~2018年8月15日(水) 会期中は無休

会場:

横浜赤レンガ倉庫1号館

開場時間:

月~金 午前10時から午後5時まで

土~日 午前10時から午後7時まで

(入場は閉場の30分前まで)

チケット:

当日 一般1000円 高校生700円 中学生500円 小学生300円

ウォーリーをさがせ!展ホームページ

 

ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。