コラム

【絵本の定義】絵本とよみものってどう違うの?しかけ絵本ってなに?

絵本ってなに

このブログで、絵本記事を書いている編集部員のやすみから、絵本について質問されました。

やすみ
やすみ
絵本ってなに?
どこまでが絵本?

基本的な質問なのですが・・・

たくたく
たくたく
えっと、絵本とは・・???

答えられません。なので、当ブログでいう絵本の定義をハッキリさせておこうと思います。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

絵本とはなんだろう?

よくよく調べてみると、「絵本とは?」の

はっきりした定義はありません。

絵本は、形もサイズもバラバラで、「とびだす絵本」「音がでる絵本」はオモチャに近いし・・。

しかも絵本は、こどもだけのものではありません

当ブログは、大人がほっこりする絵本を紹介するブログですし・・・。

つまり絵本とは、

  • 大人もこどもも楽しめる本
  • なんでもありで自由な本

なんです。

本ブログでは読者の方が迷わないように、絵本を以下のように分類しました。

  1. 絵  本
  2. よみもの
  3. しかけ絵本
  4. 知育絵本

1.絵本

絵本は、絵が主体 になっている本のこと。

絵本は、
表紙を開いた瞬間からお話しが始まり、
本を閉じた裏表紙でお話しが終わります。

絵本における文は、映画やドラマの効果音や音楽のように、絵を楽しませる効果があります

2.よみもの

よみものは、児童小説など 文が主体 で、ストーリーをイメージしやすい 挿絵 が描かれてた本のこと。

長い文章が続くと飽きたり、読み疲れたりするものです。ですが、挿絵があると頭の休憩になり、文の内容を理解しやすくなります

3.しかけ絵本

「とびだす絵本」「音のでる絵本」など、五感を使って遊べる本 のこと。

恐竜が飛び出していたり、穴があいていたり、モコモコがついていたり・・・・・。

これが本?

と思うような、とても自由な絵本のことを、本ブログでは「しかけ絵本」に分類しました。

以前、デビューしたばかりの絵本作家

ぼくの絵本の裏表紙、見逃さないでくださいね!

と言われたことがあります。

それまで、裏表紙なんて気にしてなかったのですが、読み直してみると裏表紙に最後のメッセージが描かれていたのです。

そのメッセージが、ほんわかして気持ちよくって・・・。

絵本を読んだら裏表紙もみてください!

絵本作家さんからあなたにあてた、すてきなメッセージが受け取れるかもしれませんよ。

4.知育絵本

知育絵本は、ことばや文字や、歯磨きやお掃除など生活のことを教える、こどもの教育のための本 のこと。

どの絵本も、こどもが楽しく学べるように工夫しています。

まとめ

むかしむかし、山におじいさんとおばあさんが・・

という同じストーリーで、絵本・よみもの・しかけ絵本を作ったとすると、

  • 絵本は、山の絵を大きく描いて、少しの文が入ります。
  • よみものは、たくさんの文章を書いて、小さな挿絵を描きます。
  • しかけ絵本は、本をひらくと、山がとびだします。

当ブログでは、こんな感じで絵本を分類しています。参考にしてくださいね。

たくたく
たくたく
絵本の違い、わかった?
やすみ
やすみ
なんとなくだけど整理できた!
たくたく
たくたく
そっか、
じゃ、楽しい記事いっぱい書いてね!
ABOUT ME
たくたく
たくたく
ほっこりっち編集長です。 大阪泉州地区出身の50代。 IT関係の仕事をしていたが、絵本専門の出版社に転職したことから絵本と文章の魅力に目覚める。 3年勤めた出版社を退職後は個人ブログを運営し、外部メディアさんに寄稿する機会も増えてきました。