絵本

モノクロな野菜の切り口ってけっこうおもしろい『やさいのおなか』

野菜のおなか

あなたは今日切った野菜の切り口って覚えていますか?

毎日料理をしていると、野菜の切り口なんてみんな同じに見えそうですね。

野菜の切り口って、意外と個性がでているのでたまに見てみるのもおもしろいですよ。

『やさいのおなか』は身近にあるけど、なかなか気づかないおもしろさを教えてくれる本でした。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨ライフへ

やさいのおなか あらすじ

ふしぎな形、一体これは何でしょう?次のページを開くと答えが……。身のまわりにある野菜の断面(おなか)が美しい絵で次々と登場する楽しい絵本。

(文引用福音館書店ホームページ)

 

 

 

やさいのおなかって、どこ?

野菜の切り口 をおなかに例えるなんて、キャラクターみたいで楽しくないですか?

よく友人の子どもに「これはなに?」と質問されることがあるのですが、いつもわかりやすい言葉がでなくて悩んでしまいます。

たとえば「これは野菜の断面だよ」と答えてしまうと、「だんめんってなに?」と返されてしまうのです。

そんなとき「これは野菜のおなかのところだよ」って言えたら納得してくれそう・・

「やさいのおなか」は、わたしにとって子どもに使いたいフレーズでもあります。

モノクロってわかりにくい

「これ なあに」と次々にでてくる野菜の切り口ですが、大人でもわからないものもあります。

モノクロの切り口って、意外とイメージがつかみにくいのです。見慣れている野菜でもモノクロだと途端にわかりにくくなります。

野菜って、実は色で判別しているところが大きいのかもしれない・・

カンタンにわかるかなーと思っていましたが、けっこう悩んでしまいました。

切り口いろいろ

小学生のころ、図工で野菜をテーマにした授業がよくありました。野菜のスケッチとか野菜のハンコとか・・

ちなみに野菜のハンコは、捨ててしまう野菜の切り口に絵の具をつけてハンコにします。消しゴムはんこに近いものです。

スケッチでもハンコでも、同級生は必ず、野菜を横に切る派と縦に切る派に分かれたので、同じ野菜でもまったく印象が違っていて面白かったですよ。

野菜の切り口ってけっこうおもしろい

たまに野菜の切り口って、おもしろい形になっていませんか?

たとえばハート型になっていたり、なんだか笑っている顔に見えたり・・

見つけると、野菜もけっこう個性的だなーって思ってしまいます。

たまには切った野菜のおなかをのぞいてみると、おもしろい発見があるかもしれません

野菜の切り口ってけっこうかわいいときもあるんですよ
顔に見える野菜はかわいいの?
表情によりますけどねー
ABOUT ME
やすみ
やすみ
本が好きな社会人1年目。図書館・博物館・水族館も好きです。 苦手なものは怖いものです。おばけ屋敷に入れば、最初に出会ったおばけで腰を抜かし、そのおばけに出口まで送ってもらったほど苦手です。 なので、日々、「楽しいもの」を探しています。